製造業で必要不可欠な様々な設備

釣り合いという意味

バランサーとは1つの現場にだけ当てはまる言葉ではありません

バランサーとは、英語でbalancerと書き、日本語の意味では均衡装置や釣り合い装置、つまりはバランス装置を意味する言葉になります。 これは工学的な分野に置いて言えば力学や物理学や数学が密接に関わるモノであり、工場の生産現場の様々な道具やロボットやラインやベルトコンベアー、そして生産現場において使われる事もあるフォークリフトなどの道具に至ってまで適用となる言葉でもあります。 これはどういう事かと言うと単純な事でバランサーとはいわば機械の精度と配置率と生産性を向上させる為の物でもあるという事です。 文字通り工場現場の様々な道具のバランスを維持する為のモノであり、これが崩壊していては工場現場などでは事故が多発擦る危険性が高まります。

色々な工場現場の道具の名前にも使われます

バランサーと一口に言っても前述のは飽くまで生産概念の思想を指す意味合いが強いです。 そして工場現場においては文字通りの意味で様々なバランサーという言葉が機械に類する部分や名称としても使われています。 例えるならばハンダゴテや加熱ノコギリの様な道具を天井にぶら下げて生産性を高め、尚且つ道具の場の保全と道具の不良による火事の発生などを防ぐエアツールバランサーという道具があったり、様々な生産機械のコンソールの中ではバランサーボタンという物や、バランサーモニターなどのコンソール画面があり、工場現場ではその産業次第ではありますが、意外とよく耳にする事も多くなるワードとして馴染みが深いモノでもあります。 それだけ工場生産現場では、もとい工学的な分野ではバランサーというのは密接なワードであり、現場労働者の身の安全の為にも多用されるワードでもあります。